ミサキニナル

ミサキ×気になる で ミサキニナル!食レポを中心とした雑記ブログ

cancam 7月号の「魔法の自撮りライト」を使ってみた

スポンサーリンク

久しぶりです!半年も更新してないことに気づいたミサキです(笑)
就活も精神的に落ち着いてきたので、ブログを頑張っていこうと思います!

ブログ用の写真をよく部屋の中で撮るのですが、 なかなか明るく撮ることができずに悩んでいました(-_-;)

cancam7月号にスマホ用のLEDライトが付くことを知り、 早速買ってみたよ!!

CanCam7月 スマホライト

魔法の自撮りライトとは?

cancam2017年7月号の付録で付いているスマホ用の星型LEDライト。
2017年2月号でもハート型が付録でとても人気だったから、 今回は星型で再登場ということらしい。 2月号とは違って、今回は明るさが二段階できるんだって。

自撮りしたときに黒目の部分に星が入って可愛い写真が摂れるというものなんだけれど… これを光らせて自撮りするなんて光が眩しくて私にはできない(笑)

CanCam7月 スマホライト

750円の付録でLEDライト付くなんてすごいよね!! と思ったけれど、Amazonで調べてみたら800円代のLEDライトがあった。

でも、雑誌が付いて750円のcancamの方がお得だし、星型で可愛いということで(笑)

美的のライトとの比較

美的2017年7月号にもスマホ用ライトが付いているのでどっち買おうか迷いますよね。
美的の方が3色フィルター付いているけれど、フィルターはアプリで色を加工すればいいやと思ったし、電池がボタン電池で明るさも弱いらしいので、個人的にはcancamがオススメ!

魔法の自撮りライトの使用レビュー

使う前の準備

まず、単4乾電池が2本必要なのでお忘れなく!(電池は付いてないので自分で買う必要がある)

CanCamスマホライト

乾電池入れる蓋を外すのに苦戦した(笑) ネットで調べても個体差あるみたいで、取り外しにくいのと取りやすいものがあるみたい。

取り外しにくいときはスプーンを使うのがベスト。

CanCamスマホライト

明るさ二段階の違い

スイッチひとつでオン・オフと明るさ二段階調節できます。

CanCamスマホライト

明るさ1段階目

CanCamスマホライト

明るさ2段階目

CanCamスマホライト

うん。明るさがだいぶ違うね!これ撮っているときもだいぶ眩しくて大変だった(笑)

ライト使って実際に撮ったよ

ライト無しバージョン

CanCamスマホライト

なぜ被写体をラミーにしたの?という疑問は持たないで(笑)

明るさ1段階目

CanCamスマホライト

明るさ2段階目

CanCamスマホライト

夜に撮ったからか、なんだか怖い写真…そもそも被写体を箱にしたから写りが悪い気もする。
被写体を選ぶセンスがないとこうなるという一例にして下さい(笑)
明るさがちゃんと変わることはわかったよね。うんうん。

まとめ

今、この記事をUPしたところでcancamが売り切れになっていそうな気がする… でも、本屋よりコンビニやスーパーの方がまだ置いてある可能性が意外とあるので、諦めないで!

このライトを活用して、カメラの技術を向上するぞ!!